私たちは世界のエレクトロニクス産業を支えるめっき技術を開発しています。

日本高純度化学株式会社(JPC)は、1971年の創業以来、将来性のあるエレクトロニクス分野を事業フィールドの核に据え、各種貴金属めっき液の開発・製造・販売を事業目的として設立いたしました。そして、貴金属機能めっき市場において、技術・シェア・サービスとも世界で圧倒的な優位を確保し、一定の地位を築いてまいりました。
エレクトロニクス業界は変化のスピードが速く、貴金属めっき薬品についても常に厳しい技術開発競争を求められますが、当社は新商品の開発、新技術の導入、ワールドワイドでの販売網の拡大、徹底したマーケットリサーチなど、さまざまな角度から、積極的かつ戦略的に事業を展開しています。 電子部品業界の激しい技術革新の中で、常に最先端を走り続け、信頼性の高い優れたテクノロジーを通して社会に貢献してまいりました。日本高純度化学株式会社(JPC)は、グローバルコンペティションを勝ち抜く業界のLeading Companyとしてさらなる飛躍を目指してまいります。

経営基本理念

エレクトロニクス業界の発展を支える電子材料を供給する
化学企業としての自負と社会的使命を自覚しよう。

増大する海外市場からの要望にスピーディーに対応できる
販売体制と技術サービス体制を有するグローバル企業として、
顧客の信頼を勝ち取ろう。

化学の力で問題を解決し、独創性と知的財産を重んずる、
21世紀のファインケミカル企業を目指そう。

企業行動規範を遵守し、環境保全と安全管理により
社会との調和を図って行こう。